AFT2020

盲亡者

パチンコの大当たり確率
およそ1/400

万馬券を当てる確率
およそ1/15000

宝くじで一等を引く確率
およそ1/10000000

数学が超苦手なのでネットで確率論を調べたのだが、おおよそこんな感じらしい。

特にこの時期、有楽町の宝くじ売り場を通ると信じられない行列を目の当たりにする。

おそらく毎日、1000人は何十枚、何百枚とクジを購入しているだろう。

この売り場で一等か出ました!
と仰々しく書いてあるが、そりゃこんだけ買い手がいれば出るだろという感じてしまう。

おそらくあそこにわざわざ1時間近く並んで買うという行程に価値を感じているのか、その努力を神様的なものが見ていて自分にだけ一等賞をくれると信じているのか、とにかく不思議な光景だと思う。

パチンコも自分も確率を信じ、今日は勝てる、明日はきっと勝てるよの堂々めぐり。
朝から並んで今日はあの台きっとでる。の繰り返し。

確率というかなにか目に見えないものを追う姿は宗教的な思想に近い感じがする。

今後、パチンコが規制でユーザーが激減したり、カジノができそうになったりと、ギャンブルの場は大きく変化をしていくだろう。

しかしギャンブルの本質やあり方は変わらず、搾取する側と搾取される側で常に成り立ち、その興奮、情熱、喜怒哀楽など様々な感情が合わさり光景が続くのであろう。

その状況を果たして彼らは普段通りの思考で自分の思想を持ち視界を認識できているのか、いつか当たるいつか勝てるという思考に洗脳されてもはや目の見える盲目者はなのではないだろうか。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider