AFT2020

知足

 

不足。
足りないこと。十分でないこと。

「何に対して」足りていないのか。
「どうなれば」十分なのか。
期待、理想、欲望。
吾唯知足≪われただたるをしる≫
京都・龍安寺のつくばいでも有名な老子の言葉だ。
解釈の仕方はいろいろあるようだが、要は
「現状を満ち足りていると捉えることができれば、
現状に不足を感じるよりもずっとHAPPYじゃないか!」
ということなのだと思う。

 

既に満たされたコップに、どこまで水を注げば満足できるだろうか。
あるいはもっと大きなコップであれば、水は全て注ぎきれるのだろうか。

 

ドジなあいつがなんだか憎めないように、
腹八分目がまた食べたくなる秘訣であるように。

視点を変えれば、不足は不足でなくなるような気がする。