【生活】家具・インテリア専門店業界

Q. 家具・インテリア専門店業界の動向について

【業界概要】
■新規需要を喚起する新築住宅需要やリフォーム需要などに大きく影響
■大手を中心にメーカーとの直接取引が拡大し、流通は短縮化する傾向
■ニトリやイケアなどのように、製造・販売を自社で担い低価格帯商品を販売する企業が台頭

【市場環境】
■アジアからの低価格商品の輸入増加により、価格競争は激化している
■家計調査によると、家具・インテリアの世帯あたり消費額は年々減少していたが、2006年あたりから4,000円前後で推移


【競争環境】
■大手企業は、自社でデザインした家具の製造をメーカーに委託するOEM発注戦略を採用することで、製品の差別化と物流コストの削減を図っている
■中小企業はメーカーとの連携を強化し、立地条件や周辺環境に合った製品を充実させるなど、地域に密着したサービスを拡充することで大手企業に対抗
■ニトリやイケアは低価格・SPA戦略で規模拡大


※出典:経済産業省・国土交通省総合政策局・総務省・各社IR

Q. 家具・インテリア専門店業界において、店舗・商品・サービス開発を行う際に必要性が高いことは何?

【必要要素】
■商圏における「明確化したターゲットの母数確保」
■商圏内での「価格帯・商品・サービス・ターゲット」を「競合と差別化」しブランドとして確立する
■コスト削減を図る「流通・販売戦略」
■「新設住宅動向」に合わせた店舗開発や商品・サービス提供
■「地域密着型」の商品・サービス開発