【生活】生活雑貨業界

Q. 生活雑貨業界の動向について

【業界概要】
■ホームセンターや家具・インテリア業界など、他の業界との競合性が高い
■参入障壁が低いため競争は激しく、店舗展開は商業地がメイン
■流通経路は、基本的にはメーカーより卸売業者を通して仕入れるが、SPA業態(製造小売業)の企業も存在する
■商品回転率が低い
■近年はオンラインショップが台頭しており、価格競争が激しく、実店舗では誘導施策が課題

【市場環境】
■事業所数・売場面積ともに縮小傾向
■若年層(29歳以下)は、室内装備・装飾品については二人以上の世帯全体にくらべ平均額が下回っており、支出変動が大きい


【競争環境】
■良品計画、ヴィレッジヴァンガードは出店加速で増収基調
■近年は外国人観光客によるインバウンド売上が増加傾向にあり、各社免税販売の対応店舗を拡充する動きがみられる
■価格帯やデザイン性、取扱商品で各社、差別化を図る



※出典:経済産業省・総務省統計局・各社IR

Q. 家具・インテリア専門店業界において、店舗・商品・サービス開発を行う際に必要性が高いことは何?

【必要要素】
■商圏における「明確化したターゲットの母数確保」
■商圏内での「価格帯・商品(特にデザイン性)・サービス・ターゲット」を「競合と差別化」しブランドとして確立する
■複合的な取扱商品で「商品回転率」を改善
■「オンラインショップ」と「実店舗」の関係性を考