【美容】美容・エステ業界

Q. 美容・エステ業界の動向について

【業界概要】
■少子高齢化や経済停滞などの影響で需要減少の中、美容師は増加傾向で「需要と供給のバランス」が崩れている(供給過剰)
■個人経営が圧倒的に多い業界
■PBや美容関連グッズなどの販売を強化するなどして、収益を補っている

【市場環境】
■国内の理美容市場が長期的に縮小しているのに対し、美容所および美容師数は増加傾向
■競争激化からサービス単価が下落(価格競争が激化)
■付加価値向上を図るため、ヘッドスパやエステティック、ネイル、アイラッシュなどのサービスを付加(グロスでの客単価向上)
■サービスだけでなく、物販を強化することで収益向上を図る
■大手企業はリニューアルやスクラップ&ビルドを進行

【競争環境】
■美容業界は大手企業を中心に多店舗展開で規模を拡大
■国内市場の停滞を受けて海外進出を進める企業も存在する
■カットやカラーなどの専門店、飲食などと組み合わせた二毛作型などが増えてきている



※出典:厚生労働省・東洋経済・各社IR

Q. 美容・エステ業界において、店舗・商品・サービス開発を行う際に必要性が高いことは何?

【必要要素】
■商圏における「明確化したターゲットの母数確保」
■商圏内での「価格帯・商品・サービス・ターゲット」を「競合と差別化」しブランドとして確立する
■「強み・独自性」を活かした業種・業態開発、展開
■「付加価値」のある商品・サービス開発